新しい出産祝いに人気!さまざまな種類があるベビーリング

サイトマップ

Baby ring

ベビーリングの使い方とは

ここ最近人気が高まっているベビーリング。ファーストジュエリーとして、出産祝いや1歳の誕生日でプレゼントされたり親から子へ贈るケースがあります。ベビーリングには、これから先の健やかな成長を願う気持ちが込められており、誕生石をあしらっただけのシンプルなものから、花や王冠、天使の羽などがデザインされたもの、メッセージが刻印されたものなど、その種類は様々です。
しかし、赤ちゃんの指にリングをはめておくのはとても危険なので、記念写真を撮った後はすぐにはずさなければなりません。では、大人の指にははめることのできない赤ちゃんサイズのかわいいベビーリングをその後どうやって使えばいいのでしょう。多くのママは、ベビーリングにチェーンを通してネックレスにしています。小さいリングはペンダントトップにするととても素敵です。また自分の誕生石のリングも一緒に作り、重ねてつけるママもいます。
ベビーリングには、その子の健康を守るお守りのような役目もあります。そのため、子供が成人するまではママが大事に使い、成人した時にプレゼントするという使い方が多いようです。親から子へ、長く使うことができる一生もののファーストジュエリーなのです。

喜ばれるプレゼントにベビーリングはどうですか?

ベビーリングという言葉がまだ浸透されていないように思いますが、ご自身が出産を経験したり、友達などまわりの人で出産があったりすると、このことばを聞く機会は増えます。私自身、自分が出産したときにはまだベビーリングという言葉は知りませんでした。数年後友達が出産するにあたり、お祝いを、と考えていたときに初めてこのベビーリングというのを知りました。
ベビーリングは赤ちゃんへの指輪のことで、出産祝いやそのあとのお祝い事で、赤ちゃんにプレゼントするというものです。お祝いは本当に悩みます。何度経験しても考えて購入するまで時間がかかるものです。そこで少し珍しいこのベビーリングは喜ばれるプレゼントになるのではないでしょうか。ベビーリングは、名前の通り赤ちゃんサイズの小さなもので、中にはそれに誕生石を付けたりも出来ます。
赤ちゃんに指輪をあげても実際のところ、赤ちゃんは付けられません。小さなものなので誤飲すると大変です。そのため、赤ちゃんへのプレゼントではありますが、それをペンダント代わりににして、身につける方もいらっしゃいます。また、指輪のサイズにもよりますが、少し大きくなるまで親が保管しておいて成長してから指輪を子供にプレゼントするというパターンもあります。

〇〇をモチーフにしたベビーリング

ベビーリングとは赤ちゃんが誕生して初めて手にするジュエリー。ベビーリングは中世ヨーロッパから「銀のスプーンをくわえて生まれた子供は幸せになれる」「一生食べ物にこまらない」という言い伝えがありました。当時は銀のスプーンを赤ちゃんにプレゼントする習慣がありました。それからセレブの間でリングを贈る習慣になり定着しています。ベビーリングはあかちゃんが身につける代わりにお母さんがペンダントとして身につけて赤ちゃんが大人になるまで病気や事故にあわないようにすると言い伝えがあります。
リングにはあかちゃんの誕生石を入れることがおおいそうです。誕生石は子供のころから大人になってもずっと自分にとって特別な存在のストーンなので思い入れがあります。ベビーリングの贈り方は様々で、出産祝いとして、1歳の誕生日などがあります。友人、知人、パパから贈られることも。
通販でもたくさん販売されていますが、そのなかでユニークなのがおかあさんとあかちゃんを一心同体でつないでくれた「へその緒」をモチーフにデザインとしたベビーリング。へその緒をイメージしてらせん状のデザインしたものでママと赤ちゃんが一緒に身につけるそうです。生まれる前も生まれてからもずっと一緒で素敵ですね。

金髪の赤ちゃん

ベビーリングはさまざまなデザインで種類も豊富

ベビーリングとは誕生石が付いている赤ちゃん用の指輪のことです。赤ちゃんの指に入る位のとても小さい指輪でデザインはシンプルなものから王冠のようなものまで色々あります。プレゼントする時期としては1歳の誕生日にプレゼントすることが多いようです。ベビーリングの使用方法として、しっかりと決まったものはありません。赤ちゃんの指にはめて記念撮影したら、間違って口に入れたり飲み込んだりしないように絶対に外してください。成長するまで大事にしまっておいても良いですし、お母さんがチェーンなどに通してネッ…

Pick Up